脳梗塞ナビ※前兆と治療法

脳梗塞とは

脳梗塞は、動脈や静脈が詰まることによって起こる脳卒中の一種です。日本人の大きな死因とはされていますが、あまり具体的に理解している人は少ないかもしれません。動脈の働きは脳に血液を届けることで、静脈は脳から不要物を運び出す働きをしています。その血管が詰まってしまうのですから、想像するだけで大変なことだとわかるでしょう。

 

脳卒中には、「脳血管症」という別名があります。脳の血管が詰まったり破れる病気の総称を、脳血管症というのです。血液が流れるためには、脳の血管が狭くなったり詰まってしまうのは大問題です。脳に血液が流れなくなると、酸素やブドウ糖が届かなくなるために脳が働くなってしまいます。

 

脳には他の臓器よりも多くの酸素が必要とされ、微量に酸素が不足しても脳細胞が正常に働かなくなってしまうのです。しかも長期化すると、部分的に脳細胞が壊死してしまいます。

 

動脈硬化が悪化すると、次第に血管の内側が狭くなってきます。血流が悪くなり、そこへ血栓が出来て詰まってしまうのです。心臓が原因でも、脳に血液が届かなくなることがあります。心臓の中に血栓が出来て、それが剥がれて大動脈から能動脈に入り込んでしまうのです。

 

ここから起こる脳梗塞を、心原性脳梗塞といいます。他にも、血管炎、膠原病、血液疾患、原因不明のものなど、脳梗塞の原因は様々です。動脈硬化から起こる脳梗塞にも、細い静脈が詰まるラクナ梗塞と太い血管が詰まるアテローム血栓性脳梗塞があります。

 

脳梗塞の前兆はコレ!起こしやすい人

 

脳梗塞を起こしやすい危険因子には、高血圧、糖尿病、心房細動、遺伝などがあります。中でも、遺伝は脳梗塞をはじめとする脳卒中の危険因子として、それほど深刻ではありません。

 

それでも心配な方は、家系をチェックして脳卒中の人がいないか、どのような脳卒中だったかを調べておくと、予防法に役立つかもしれません。ただ、遺伝と比較すると、生活習慣から引き起こされる脳梗塞のほうが深刻です。健康診断などで生活習慣に関わるトラブルが注意されたら、気を付けて生活習慣を整えたほうがよいでしょう。

 

高血圧、糖尿病、心房細動などに該当する人は、危険因子の治療につとめることが大切です。血液を凝固しにくくすることで、脳梗塞を未然に防ぐことができるといわれています。

 

特に危険なのは高血圧で、血圧が高いだけで脳梗塞につながりやすいということがわかっています。糖尿病は高血圧に比べると危険性は低くなりますが、高血圧もプラスされていると脳梗塞を招きやすく、しかも寝たきりになったり生命の危険が脅かされるリスクも高まります。

 

心房細動は、それらよりは脳梗塞の頻度が低くなるものの、やはり高血圧がプラスされると、かなり危険な状態といえます。重度の脳梗塞の発作を防ぐには、日頃の生活習慣を改めて、糖尿病や高血圧を招かないことが、まずできる脳梗塞の予防法でしょう。不安がある人は、食生活やストレス、生活習慣のリズムを見直して改善することが不可欠です。

 

脳梗塞の治療法

脳は硬い骨に包まれており、むくんでくると頭蓋骨の内部が強く圧迫されてしまいます。これにより次第に血流が悪化してくると、ブドウ糖や酸素が脳に行き渡らなくなります。

 

脳梗塞の発作が起こると、血管が詰まったところで血管成分である血小板が通常より集まるようになってしまいます。すると、血液を固める凝固系の作用も盛んになるのです。そのため、血液内のフィブリンという糊状の物質が血栓のまわりを覆い、血栓がさらに大きくなります。

 

脳梗塞から脳にむくみが出ることを脳浮腫といい、短くても2日間、長いと4日後には最悪の状況が引き起こされます。これらのことを回避するには、発作が起きてすぐに適切な治療を施すことが大切なのです。

 

よく脳卒中が起きて倒れたら、一刻も早く病院に運んで治療することが生死や後遺症の重症度を分けるといわれます。脳梗塞は脳卒中の一種ですから、やはり発作が起こったらただちに病院で治療を開始することが重要なのです。

 

発作を起こして間もない人には、様々な点に配慮した薬物療法が施されます。例えば、発作後にどのくらい時間が経過しているかなども重要です。脳梗塞には、アテローム血栓性脳梗塞をはじめ、心原性脳梗塞、ラクナ梗塞などの種類があります。

 

これらのどれにあたるのかも、考慮されることの一つです。また、意識障害の度合いを確かめる重症度も加味されます。当然のことながら、意識がない場合は重症と判断されます。